ブラック・ジャック

オンラインブラックジャックのプレイ方法

多くのロケーション、特にオンラインで世界中の何百万人ものギャンブラーが毎日プレイされるブラックジャックは、今もなお数十年前と同様に人気です。現在では新しいサイドベットを備えた多数のゲームバリエーションもあり、独自の業界のような感じがします。

簡単で、複雑でなく、ゲームラウンドが速く、初心者でもとても簡単に理解できて入り込むことができるカジノゲームになので、ランドベースのカジノでも最も引っ張りだこのテーブルゲームのひとつのままです。

ブラックジャックのルール

ブラックジャックはカードゲームで、普通は52枚のカードを8デッキ使って、ディーラーとプレーヤー間でプレイします。両者とも最初にカードを2枚配られます。目的は2枚のカードの合計を21、またはできるだけそれに近い数字にすることです。

プレーヤーは、手札をよくするチャンスがあると思えば、もっとカードをリクエストすることができますが、合計が21を超えてしまえばおしまいで、手札と賭けで負けることになります。

ディーラーも自分の番になったらカードを追加できますが、できる時とできない時に関して特定のルールを守らなければなりません。一方でプレーヤーは好きなように行うことができます。ゲームの主な目的は、ディーラーよりも強い手札でディーラーを負かすことです。その最適な方法は、エース(「1」または「11」として計算します)と一緒に「10」、またはすべてが「10」の値となる絵札(J、Q、K)があることです。これは21となり、ナチュラルブラックジャックとして計算されます。別のカードで作る21は、値が同じであっても、厳密にはブラックジャックではありません。

ブラックジャックの手札例

ブラックジャックのテーブルを見る時には、いくつか違うエリアや機能があることが分かるでしょう。テーブルのルールとペイアウトは、テーブルのどこかに書かれていて、テーブルのシート数もすぐに分かるでしょう。

オンラインでプレイする時には、同時にひとつの手札以上でプレイすることが頻繁にあるかも知れません。そのため、基本的にはテーブルで1つ以上のシートを取りますが、各手札は他のものとは無関係にプレイされます。唯一関連づけられていることは、同じディーラーの手札と対戦しているということです。

どのサイドベットオプションも、あなたのメインの賭けエリアと同時に表示され、数字の入ったチップを使って、賭け金額を選択することもできます。

ベットを置いて、「配る」を押したら、カードが配られて手札を見ることができます。同時にディーラーにもカードが配られますが、最初の1枚だけが表向きです。

2枚目のカードは裏向きで、「イン・ザ・ホール」として知られており(「最後の切り札」という慣用句由来)、後ほどまでそのままです。その後に、手札の値と分かっているディーラーの手札に基づいて選択します。

この時点でできることは

  • もう1枚のカードを求める(ヒットやツイストとして知られる)
  • 手札をそのままにする(スタンドまたはスティックとして知られる)

ヒットしてからもう1枚カードが配られ、バスト(21を超える)しなければ、また同じオプションがあります。手札に満足するまでこれを続けます。

この時点で、ディーラーは裏向きのカードを見せ、手札によってしきい値をヒットする、勝つ、バストするまでカードを引き続けます。ハウスのルールでは、普通は、ディーラーは16まで引くと決められています。つまりその数字になるまで、カードを追加し続け、17以上になったら止めます。ディーラーはハウスルールに従わなければなりません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *